さて。会社のフリーランチでお寿司ができました。

まーアメリカでお寿司を食べたことがある人はわかるかと思いますが、アメリカのお寿司は日本のお寿司に比べると美味しくないわけです。。。

それは、私が日本で育ったこともあり、魚の鮮度や、油の乗っている魚などを食べているからのことですね。なので、アメリカ人に、日本で高いお寿司を食べさせても、アメリカのお寿司との差が全くわかりません。アメリカ人が寿司の違いがわからないように、私たちもアメリカのハンバーガーの違いがわからないと一緒ですね。

だから、アメリカでは、適当なお寿司でもアメリカ人は美味しいと言って食べる傾向があります。そのため、アメリカで、アメリカ人をターゲットにしたお寿司のビジネスでは、安くて新鮮ではない魚をあえて使うという戦略の方が、コストパフォーマンス的にはよくなるかとは思います。

ちなみに話が変わりますが、アメリカ人って「このお店のハンバーガーは世界一だ」ってなんで言い切れるんでしょうね。自分が好きなお店のハンバーガーは、あなたにとってみれば世界一だけど、他の人にとってみれば違います。でもなんでもBest Bestって言い切れるアメリカ人はすごい自信あるなーっていっつも思います。過剰に発言する文化なんでしょうね。

っと話がそれましたが、アメリカにある日本食レストランでも、日本人好みのお寿司をだすお店もあれば、アメリカ人をターゲットにしているお店で全然お寿司が違うんですね。

で、今回会社で出てきたお寿司の一つを写真で撮ってみたんですが、以下のものです。
sushi
マグロと同じ割合でチーズが入ってるわけです。。。

アメリカでは、アボガドを混ぜたたカルフォルニアロールやフライのエビなどを巻いたものなど多種多様。アメリカのお寿司は、日本のお寿司のように一匹の魚のネタが乗っているのではなく、とにかくお寿司に色々な物を混ぜてきます。

ま、試しにと食べてみたんですが、まーまー美味しいわけです。魚があんまり新鮮ではないので、チーズの味がしていい感じです。私も、もし、この魚が新鮮で美味しければ、こんなチーズを入れるな!っと思うわけですが、魚があんまり美味しくないので、チーズが合わさるとそれがうまくごまかされます。

これをみて思ったんですが、アメリカって、ハンバーガーにしろ、サンドイッチにしろ、シンプルなものを組み合わせて食べませんか?

きめ細やかな日本料理のようなこだわりはないけど、シンプルでもダメ。だから、シンプルなものをとりあえず組み合わせて食べるみたいな。だから、ハンバーガーでもパカっと中身を開けたら何から作ったかすぐわかります。

組み合わせて食べるから、新鮮じゃない玉ねぎが入っていても、新鮮なトマトの味がすれば、まー美味しくなるっみたいな。うまくごまかしあいながら、どこか新鮮で美味しいものを押していくって感じです。

逆にインドの人の食べ物は混ぜて混ぜて原型が何かわからないものが多いです。インド人の方のお昼をみているとスパイスを大量に混ぜたカレー系が多いですよね。何を混ぜたかと聞くと、混ぜたスパイスの量が10種類以上あったりと、何からどう作ったか想像できないものばかり。

っという感じですが、やっぱりレストラン経営でもなんでも、日本と海外ではやり方を変えないとダメなわけです。

アメリカでは寿司職人っていうよりも、色々組み合わせることできる寿司シェフが重要なのかもしれません。

それと、今はシリコンバレーでも飲食店がかなり増えて来て、競争が激しくなり、レストラン経営も大変になって来たようです。

先週、In N Outのハンバーガーショップに行ったら、時給が$14(1579円)でアルバイト募集してました。結構高いですよね。

日本食レストランもお金のある中国人オーナーがやっているところが増えて来たみたいで、日本食レストランの日本人オーナーが日本人を雇いたくても、中国人オーナーの日本食レストランは、料理人を雇う給料を高くして日本人の料理人を引っ張るので、日本食レストランのオーナーが日本人を雇えなくなって来てるなんていう話も聞きました。

日本食レストランに日本の料理人がいたら信頼されますよね。

だから、お金のある中国人オーナーの日本食レストランでは、アメリカ流の寿司を作る日本人の料理人。

日本人オーナーの日本食レストランでは、日本流の寿司を作るメキシコ人、韓国人。

っていう状況にもなってしまうことも。

なかなか、アメリカでも、日本人オーナーのレストランで、日本流の寿司を作る、日本人料理人のお店にするには、なかなか難しいのかもしれませんね。

飲食店ビジネスも簡単ではないですね。

さて。最近オリンピック批判の記事も時々見ますね。それは、オリンピックの経済効果って嘘じゃないかと言われてからですね。

オリンピックに向けて時間とコストを掛けて、完璧な施設や選手村など建てても、大会が終われば邪魔ものとして扱われてしまう可能性もあるようです。

あんなにお金と労力を使ったのに、後になってその施設を使う人がいなければ意味ないですよね。

建設会社や広告会社は儲かりますが、国民の税金も使われるのも事実です。なので、オリンピックで大儲けする人もいれば、損をする人だっているわけです。

オリンピックの影響で運動をしたくなったとしても、スポーツジムに通いはじめる人がたくさん出て、経済に影響を及ぼすこともなさそうです。

よく言われる「ドリーム効果」ですが、ドリーム効果は「社会全体で華やかな喜ばしい出来事が起きたとき、だれもが気分が高揚して、つい財布のヒモが緩み、様々な消費行動が拡大する」ことを指すということです。

確かに過去では、1964年の東京オリンピックのときにテレビが爆発的に売れたとは言われていますが、今の時代に、オリンピックの後にバカ売れする製品があるかは疑問ですね。グッズなども売れそうですが、その波はすぐになくなりそうです。

今では世界旅行も簡単で、インターネットでも他の国の情報が集められるので、オリンピック後に初めて日本の良さを知った外国人旅行者が、さらに毎年毎年日本を訪れて、日本経済を上昇させまくれるほど来てくれるとは思えません。

増えはするでしょうが、経済を押し上げまくるということでもないとは思います。

前回のブラジル、ロンドン、中国、ギリシャなどののオリンピックを見に行った人が、その国を知って好きになり、これからも毎年行くという人ってそんなにいないですよね。オリンピックだからこそ、お金をかけては行ったけど、その後も行きまくる人がいるとは思えないです。

日本の不動産だって、オリンピック後に暴落するなんて言われていますが、オリンピックのためだけに不動産が売れて、その後に暴落したら、経済効果はプラスになったとは言えないですよね。

「オリンピックがよくない」と言われる理由ですが、2004年アテネ大会の後に、ギリシャが経済破綻したことですね。オリンピック関連の支出額が膨れてしまい、影響を受けたのではと言われているからです。

1988年のソウルオリンピック以降、オリンピックを開催した国は、どこもかしこも景気が悪化しているようです。。。

オリンピックは、スポーツ選手のような努力されている人たちをみて感動し、勇気や夢を与えることができるので、オリンピックがなくなることは避けなければならないと思いますが、そのために国が破綻して、オリンピック開催をした国民が苦しむことになるのは避けなければならないですね。

オリンピック開催国が、世界の人のために、ババを引かされて負債を抱えることになっては困るわけです。

スポーツ好きの人は生で見たいというのはわかります。生で見た方がみんなで一致団結して応援して感動することもできますね。しかし、今の忙しい毎日を送っている人々が存在しているインターネット社会では、TV観戦やインターネットでも満足する人も増えているのではないでしょうか。

さて、つい最近といえば最近ですが、1998年の長野オリンピックがありましたね。また、オリンピックのような多大な影響を与えるスポーツイベントが、2002年にありましたね。サッカーのワールドカップが日本で開催されたのを覚えていますでしょうか。

その後に日本経済って上昇しまくったでしょうか?日本の景気を表すのに良いかと思う日経225の株価を見て見ます。
nikkei_ugoki
日経株価も2012年のアベノミクスで無理やり押し上げられたと言われていますが、オリンピックやワールドカップの影響で、イベント開催後から現在に至る間の15年間が上昇したとは言えないですよね。。。

日本の過去のバブル崩壊時を超えるぐらいまでガンガン上がってくれればいいわけですが、そんなこともないわけです。アメリカなんて、過去の2001年のインターネットバブルと2008年のリーマンショックのはるか上を行っていますが、日本はバブル崩壊から復活できず。。。

なので、オリンピックがあったととしても日本経済が発展するとは言い切れないわけです。

経済や日本の財務状況を知っている人は、オリンピックやめるべきだと言っている人もいますが、それを国民に言ったら、絶対猛反対され、嫌われますよね。

なので、なんとかオリンピックの財務関係の問題を解決しないといけないわけです。

例えば、毎回違う国でオリンピックを行えば、その国々で新しい建物が必要ですが、毎回同じ国で、同じ場所でやれば、建物のコストは減らせそうです。セキリティ対策のコストだって、同じ場所で開催されていれば、開催を踏まえて、より強化することができるはずです。

開催国をバラバラにするのではなく、オリンピック発祥の地のアテネ周辺をオリンピック国にしてしまうとかね(笑)。で、オリンピックに参加する国がお金を出し合う。ほんでもって、抽選で当たった国の人は、そのオリンピック国への渡航費が格安で行けるというようにすれば、いいのでは。

オリンピックの開催国を抽選で選ぶのではなく、開催国は変えずに、抽選で当たった国の住民が、オリンピック国へ渡航する渡航費を半額で行けたりと、割安で渡航できるようにすればいいのではと思うわけです。

その渡航費の割引は、その抽選で選ばれたお国が多めに負担するみたくすれば。

日本でもオリンピックにかかる費用が3兆円なんて言われてますが、そのお金を使って渡航費の割引に割り当てるとかね。

中国とか国民の数が多いところは、そんなに割引にならないかもしれないけど、オリンピック参加国からの援助の比率もコントロールすればなんとかなりそうだしさ。割引になったからって、オリンピックの競技と競技場の数は限られてるんだから、中国全土の人口の全てが渡航するなんてありえないし。

そして、抽選で当たった国には、仕事を休んでオリンピック観戦ができるように、一週間のオリンピック国民の祝日を設けるみたいな。。。会社はそれに合わせて社内旅行は、オリンピック観戦!みたいな???海外なら大イベントの時に平気で国民の祝日にしちゃうでしょ。

さらに、スポーツ関連の仕事をしたい人は、いつでもオリンピック国でお仕事たくさんあるみたいな。

まーそんな簡単には行きませんが。。。

要は、開催国を毎回違う場所にして、世界中に無駄な建物を建てるコストを無くしたいわけです。

仮想現実のバーチャルリアリティもまだまだですが、技術の発展で、TV、ネット、仮想現実あたりで、満足してくれる人も、世の中には増えそうだしさ。

リオ五輪の時もブラジル国民が貧困で、観客席がガラガラになること多かったみたいだし。7種競技の決勝戦が70%空席だったそうです。

結局、日本のワールドカップなんかの応援状況を見ていても、生で観戦しなくても、スポーツバーでみんなで集まって応援して、盛り上がって、感動できるしさ。

税金を無駄遣いして、日本にいる本当の貧しい人が、さらに貧しくなるのはよくないわけですよ。お金を持っている人だけ、楽しめるオリンピックにならないように、国の税金は、貧しい人を助けたりと、正しく使いたいしね。(単にお金を渡してパチンコなどに使われる生活保護問題の話はまた今度。。。)

お金を使う時はどんな時でも、自分や周りだけが楽しむことだけを考えるのではなく、貧困で生きていくにも必死な人たちのことは常に考えないとね。

お金をなるべくかけずに、オリンピックが開催できたらいいですね。

お金をあまりかけない昭和時代の小学校の運動会が懐かしいなー。

サンフランシスコのパウエルステーションに行ったら、ミージシャンの人が演奏しておりました。

ギターの箱をお金を入れてもらう入れ物に使ってはいるのですが、あまり支援をされていないミージシャンの人のギターの箱にもやっぱりいくらかお金が入っています。

あれって、初めは絶対にミージシャンの人が自分のお金をいくらか入れてるはずです。

人が素通りしてもお金を入れる場所がなければ、気づかれないので、それに気づいてもらうためにギターにあらかじめお金を入れて置かないとダメというのはわかります。

入れてあるお金も小銭ばかりであると、みんな小銭しか入れてくれないと思います。

なので、必ず色々な種類のお金が入っていますよね。

小銭、$1札、$5、$10札、たまに$20まで入っている時もあります。

前回に噴水にお金を入れる人の話をしましたが、ギターの箱に入っている初めのお金の割合を見て、$1札がたくさん入っていれば、みんな$1札を入れますよね。

小学校の震災の寄付の時でも、集金袋で集めにこられるとどうしても中を覗きませんでしたか?

10円でも入れようかと思っていて中身をのぞいて見たら、ほとんどの人が100円、そして中には千円札もある。なんて状況の時に、10円を入れる勇気がなく100円ぐらいにしといたことないですかね?

レストランのメニューもその人間心理をついて、必ず、安い、普通、高いなどレベルを分けて用意しておきますよね。

高いものは誰も頼まなくても、高いメニューがあれば、その次のちょい高いか、普通のお値段の食事がたくさん売れるわけです。高いメニューをおいてないと、安いものばかり注文されてしまう可能性がありますからね。

新車の車だって、WEBで見て、安くて一番下のグレードを買おうと思ってお店に行っても、一番下のグレードってほぼ置いてないんですね。客寄せ用に、安い価格をWEBやカタログで見せてるだけで、実際に売ろうとする物は高いもの。

お金と人間心理には色々なやり方があって、それを知っていないと騙されることも多いわけです。

まー騙すわけではないですが、どんなお金が寄付されているかわかる透明のお賽銭箱のようなものであれば、寄付を集められるお金の量をある程度コントロールできるとは思うんですよね。

「人の良心からいただける寄付のために、人間心理を利用するな!」って言われるかもしれませんが、お金をたくさん持っている人がいるエリアでは、高めのお金を入れておき、あまり寄付をしてくれないエリアでは、寄付の箱の中身を見せずに、気軽に寄付してもらえるようにするとかね。

ちょっと話が変わるんですが、やっぱり「人はお金を見るとどうなるか?」っていうのが気になったので、調べて見たら面白い研究結果が出て来ました。

「人はお金を数えると人は楽しくなり、さらに心と体に鎮痛作用をもたらすことが明らかになった。お金を数え得られる快楽がこれらの痛みをも軽減していると考えられるとのことである。」

だそうです。

多分、子供の頃にもらったお小遣いなど自分のお金がいくらあるか数えたことある人いると思います。

大人になっても正直に言ってお金を数えていて嬉しくなったことありませんか?

お金に汚い人と思われるかもしれませんが、正直に言ったら誰にでもそんな経験あるでしょ?

その感情が心の痛みを直すようです。

怪我をする場合は、薬などで痛みを無くして治療しますよね。

なので、例えば、風邪でも、偏頭痛でも痛みがあったら、お金を数えれば痛みが緩和される可能性があるということだそうです。

これはすごい研究結果ですよね。

もちろん借金をしている人が借金を数えてしまっては、心の痛みが増えてしまうかもしれませんが、そうでなければお金を数えて見るというのをやって見るのもいいのかもしれません。。。

なんかお金を数えている姿を想像するといやらしい成金みたいな感じになりますが、偏頭痛など起きたら一度お試しあれ。

↑このページのトップヘ