さて。以下の「ブラックジャックによろしく」の漫画を印象に残った表現ですが、


「自分が悪いことしているのに気づかないで、良い事をしていると思っている偽善者ほどタチが悪い」と言った様な表現がありました。

世の中では、自分では知らない事実がたくさんあり、実は良い事をしているつもりで、悪い事をしてしまざるを得ないということは多々ありそうです。

ちょっと漫画のストーリーは全て説明できないので、例えば、以前に紹介した武田邦彦先生の「リサイクルする方が、多くの資源を無駄に使っている」が事実だとします。

私も武田先生の科学の視点からみたリサイクルの無駄に関してはとても信頼しているのですが、賛否両論あるので、ここではリサイクルは悪だと仮定します。

簡単に武田先生の解説をしますが、ペットボトルのリサイクルも本当に綺麗な色がついていないペットボトルだけリサイクルされて、9割以上はリサイクルされておらず、リサイクルされていないペットボトルを燃やすために、あえて灯油をかけて燃やさないといけないそうです。

だから一般のゴミと一緒に燃やせば無駄な灯油を使う必要がなくなるのですが、リサイクルは巨利なビジネスであり、裏でお金を集められる政治的なものがあるんですね。

消費税を挙げるのはなかなか難しいですが、リサイクルのためと言えば、国民から税金を多めに取ることが容易です。

なので、市役所でも税金を挙げるために、世の中のために良い事をしているんだと思って、より資源を無駄にしているの気づかずにリサイクルを遂行する偽善者というわけになってしまうわけです。

ちなみに武田先生は、レジ袋のリサイクルも無駄であるし、石油は死骸が長い年月をかけて石油になり、今の世代の人が石油を使ったところで、5万年前から作られている石油がなくなることもないし、今後5万年は石油はなくならないともおっしゃっており、電気自動車にしなくても石油はなくならない などなど、地球のリサイクルや環境問題に対する政策は、ほとんど科学の視点から見ると間違っている様です。

ここ100年の人間の資源の使い方で、いきなり地球がおかしくなるなんてことはありえないのですが、人々は勘違いしている様ですね。

日本の災害だって、昔から地球規模で見た台風や地震の数は変わらないのですが、台風などが日本に上陸した数が増えて災害が多くなっているだけで、実際に地球全体で台風が増えているわけではないのです。だから、日本に上陸した台風が増えて災害が増えると、人々は地球がおかしくなってると勘違いするわけですね。

ま、その辺の話は話が長くなるので、また今度。

っということですが、もし武田先生の解説の通り科学的にリサイクルが間違っているという事実が真実だとしたらみなさんどうしますかね?リサイクルやめますかね?多分、自分の意見と異なる武田先生の説明は無視して、リサイクルは世の中のために良いのだからと言ってやり続けるとは思います。

なので、「自分が悪いことしているのに気づかないで、良い事をしていると思っている偽善者ほどタチが悪い」っということが当てはまるかもしれません。

実際に日本でも駅の4つに分けられているゴミ箱を作業員が一つのゴミ袋に入れていたり、名古屋でも焼却炉で一括して燃やしてる事例もある通り、ゴミの分別などあまり意味がないという。

ま、そんなこと言っても私もアメリカの州で決められたルールに従わないなんてことをするほど勇気がないので、リサイクは分別はしておりますが、リサイクルかどうかわからないものは調べもせずに燃えそうだと思ったら燃えるゴミに入れてますね。あんま厳密にリサイクルしたって時間が無駄と思ってしまう派です。。。(とりあえず社会が決めたルールは守りましょうね。)

私も「リサイクは資源の無駄遣い」という意見には賛成なので、心の中では、リサイクルは無駄だと思っているのですが、世間では、リサイクルを推進している人がいたり、環境問題の解決のためにリサイクルを意欲的にやっている人を見ると「自分が悪いことしているのに気づかないで、良い事をしていると思っている偽善者」に見えてしまうことがあります。

その様な人たちを否定しているわけではないのですが、世の中、純粋な人ほど騙される傾向はあると思います。(私が騙されている可能性もありますが)

漫画で他に印象に残った言葉ですが、以下があります。

「正義は弱い、簡単に悪に利用される。純粋であることは美徳じゃない。この世界で純粋であることとすることはエゴだ。」

っとありますが、世の中、純粋な人ほど自分で考えずに、人の意見に左右されることが多いかと思います。世の中にとって良さそうだという事を一旦信じてしまうと、反対の意見の他のことが信じることができないんですね。

私も昔はリサイクルは地球のためだと思っていたのですが、色々と自分で調べていくと違うんじゃないかと思って、今は反対派なのです。

ただ、自分の意見は常に間違っていると思えない人は、意外と純粋で良い人は多いんですね。

強い正義感を持った純粋な人は、相手を疑わないでとても良い人なのですが、自分の考えも疑わない人も多いと思います。

なので、私は常に自分の意見は間違っているかもと考える反面、人の意見も疑ってしまうことも多々あるので、ブログなどでも批判されることは多いなーとは個人的に思ってます。

「リサイクルは地球のためにならないし、無駄なことに時間を使っている」なんて言ってれば、そりゃ批判されますよね。。。

ま、しかし、「多数派が正常で、少数派が異常」とは思いませんし、「多数派が常識人で、常識が正しいとは限らない」とも私は思います。

「人が思っている常識が常識だと思うなー」なんて格好いいこと言ってる人も、リサイクル問題に対してはどうお考えでしょうか?

ビジネスの常識を非常識と思えても、私生活関わるリサイクルに関してはどうでしょうかね。色々な人の意見を聞きたいところです。

酒井潤

Twitterにて、こまめに情報を発信しております!フォロー大歓迎です。気軽にフォローしてください。